ケージの選び方で気をつけていること

犬のケージを選ぶときは、まず大きさを気にします。大きいものは家の中に置くのに邪魔になりますが、小さすぎると犬が動けなくてかわいそうです。体の大きさに合ったものを選びます。子犬の時に飼った犬は、成長して大きくなることを考えて選びます。成長するたびに買換えていたら出費がかさみます。
素材にも気をつけます。木製のケージは温かみがあります。フローリングや家具が木製なので、木製のケージはインテリアに合います。
サーカスでプードルがぴょんぴょん飛び跳ねているのを見たことがありませんか。プードルのようにジャンプ力がある犬は、サークルだと柵が低いと飛び越えてしまうことがあります。ジャンプ力のある犬の場合は屋根があるケージがよいです。ミニチュアダックスフントやコーギーなどにもおすすめです。
ケージは犬にとって寝ぐらです。周囲が見えすぎると落ち着かないかもしれないけど、飼い主の姿が見えないと落ち着かない犬もいます。犬が安心できるものを選びます。

犬用のケージは大きめを選ぼう

犬用のケージは言わば犬にとっての個室という存在です。
夜眠るときなどは自分からケージに入って寝るようになったので、おそらく犬としても落ち着く場所として認識しているのでしょう。
室内飼いしていても、犬がゆっくりと落ち着ける場所を作ることは大切です。その場所をケージとするのもいいでしょう。
ケージを選ぶときに大切なことは、犬がやがて成犬になった後でも使えるものを選ぶ、ということです。
おそらく犬を飼い始めるときにまずケージを用意すると思いますが、犬種にもよりますが、子犬のときには考えられないほど大きくなる犬もいます。いずれ成長したときに買い替える手間を省くため、子犬には大きすぎると感じるかもしれませんが、それでも大きめのケージを選ぶのがコツです。
また我が家ではケージにクレートをくっつけて使用しています。
一方はクレートにつけ、もう一方は開閉用にするので、扉が二つあるケージは使い勝手がよいのでお勧めできます。

ゲージは愛犬の安心できる愛犬のための部屋

愛犬を我が家に迎え入れたその日から、ゲージは必要となります。
人間と犬がともに暮らすために、犬の落ち着ける場所、お留守番をさせる場所
寝る場所を作ってあげることが大事です。
ゲージと言ってもいろいろな種類があり、とても購入には迷いました。
まず第一に考えるのが犬種です。大型犬なのか中型犬なのか小型犬なのか。
次にゲージを置く場所が部屋のどの場所で、どれだけのスペースをとることができるかです。色や形も部屋の雰囲気にそぐわないと気になるものです。
ゲージにはトイレと一体になったサークルタイプのものや、もち運びのできるもなど種類も様々です。
我が家の場合はトイプードルで小型犬ですが、リビングの一角に広くスペースがとれたので、トイレと一体型のサークルタイプのゲージを選びました。
サークル内で2つのスペースに分けれる仕切りドアがついているので、トイレスペースとベッドスペースと分けることができ、衛生的です。
また、トイレの取り出しドアがついているタイプですので、シーツ交換もし易いのが特徴です。
色は部屋に合ったブラウンを選びました。サイズは横幅が125センチあるやや大きめのサークルです。
気になるのが価格ですが、13000円くらいでした。サイズや機能性の割には
手頃な価格だと思います。
何より愛犬が安心できる場所としてそのゲージを使ってくれるかが大事です。
我が家の愛犬はお留守番など1人にするときは、ゲージに入っている方が安心できるようですし、寝るのもゲージの中の方がよく寝てくれますので、ゲージ選びは正解だったと思います。